「カニキチンBS」日本国内で水揚げされた、紅ズワイガニを原料使用

カニキチンBS(キトサン)日本製・セイシン企業
日本国内で水揚げされた、紅ズワイガニを原料使用、
超微粉末処理技術の最先端を行くパイオニア企業として有名な「セイシン企業」だからできた良質のキチン・キトサン
商品形態:ソフトカプセル

発売から10数年経ち、ロングラン商品としても定着しております。
キチンはN-アセチル-D-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、カニ殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製して製品化しております。
キトサンはD-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、キチンのアセチル基を外して精製したものです。
多糖類の粉砕は困難ですが、体内での吸収性を上げる為に弊社(株式会社セイシン企業)の粉砕技術を駆使して微粉末に致しました。
これまでの研究によりキチン・キトサンの様々な特性が発見され、人に有用なバイオマスとして食品、医学、農業、工業、環境の各分野から注目されている物質です。

台湾の桃園機場捷運メトロ車内で無線充電器そろそろ使用開始

海外旅行の楽しい部分と景色

CX522で見た綺麗なエンジンと雲海と反射景色
CX522で見た綺麗なエンジンと雲海と反射景色

そろそろ使用開始なのが台湾・桃園機場(空港コード:TPE)捷運メトロで無線充電器車内画像1

台湾・桃園機場捷運メトロで無線充電器そろそろ使用開始
台湾・桃園機場捷運メトロで無線充電器そろそろ使用開始

そろそろ使用開始なのが台湾・桃園機場捷運メトロで無線充電器車内画像2
台湾・桃園機場捷運メトロで無線充電器そろそろ使用開始
台湾・桃園機場捷運メトロで無線充電器そろそろ使用開始

松山空港(空港コード:TSA)をご利用のお客様は使用できませんが。。。

より旅が楽しくなります。

火蟻の日本侵入で危機アップでも救世主も

とうとう日本にも複数の港で確認されてしまった。

ヒアリ(火蟻)の日本侵入で環境と生活に変化や危機も訪れたことを認識しましょう。

アマゾン原産のヒアリとは、アメリカや中国、台湾でも猛威をふるって、
英語名「ファイアーアント」と字のごとく、
刺されると火が付いたような激痛が名の由来だとか。

でも、
救世主として名も怖い天敵「ゾンビバエ」が存在する。

このゾンビバエは、蟻の身体に卵を産みつけて、
その卵から幼虫が孵化して、
この幼虫が蟻の体内から徐々に蟻の頭部に進み、
そこで幼虫が酵素を出して、蟻の首が切れて蟻が死ぬ。
と言う具合になる。

少し驚異が減るかもしれない。

梅雨入り前に行いたいこと3つ

今年の沖縄県はすでに梅雨入りとなった。

日本列島はもうじきに突入するに違いない。

ジメジメ季節の到来に誰もが暗いイメージ。
良いか悪いかわからないが、
自分は、
1.床屋で散髪して心軽くしたい。
2.なんとなく掃除が好きではないが、少しでも片付けて対処したい。
3.梅雨の時期に綺麗な花を愛でたいので「紫陽花の有名な名所」を調べて、梅雨に行く用意。
ご参考にならないかもしれないが、梅雨の対処は人それぞれ・・・

もちろん健康にもご留意を・・・では。